「John Avon」カード紹介 ~2002年代に発売されたエキスパンションから~ ⑦

MTG

こんにちは。わせりんです。

 

今回は定期的に掲載している「John Avon」氏のカード紹介をしていきます。今回は2002年代発売のエキスパンション等からの紹介です。

トーメントジャッジメントWorld Championship Decks 2002オンスロート

この年に発売されたセットの数は他の年より少なめですが、全てのセットで「John Avon」氏のカードが収録されています。各エキスパンションについて紹介していきますのでよろしければご覧ください。

なお、自分の集めた記録でもあります。今後集める方の参考やこんなカードあるんだーと思っていただけたら嬉しいです。

 

 

【トーメント】より
【トーメント】
発売日:2002年2月1日
全カード:143枚
「John Avon」氏収録:3枚

 

腹黒い夢』『にじり寄るストーカー』『尊大なワーム

トーメントの夢サイクルの1つでもある『腹黒い夢』。ライブラリーからカードを探す効果を表しているのか大量の本が描かれているのが印象的。John Avon氏が黒のカード2枚も描くのがなんだか珍しいなと思ってしまいますが、セット全体で見ても黒のカードが多めに収録されているみたいです。

 

 

【ジャッジメント】より
【ジャッジメント】
発売日:2002年5月24日
全カード:143枚
「John Avon」氏収録:4枚

 

物静かな思索』『寄生牙の亀』『憤怒
ナントゥーコの最長老スリス

『憤怒』の左上に「墓石マーク」のようなものが付いています。このセットがあるオデッセイ・ブロックはテーマが「墓地」なので墓地を活用したものが多くなっています。墓地にあると効果を発揮するカードや「フラッシュバック」を持つカードに付いているので、墓地から探すときに便利なマークです👍その後、カードのデザインが変更されてからはこのマークが登場することは無かったようですが、『時のらせんタイムシフト』や『時のらせんリマスター』などの旧枠仕様で収録されたカードはこのマークが付いています。

 

 

【オンスロート】より
【オンスロート】
発売日:2002年10月5日
全カード:350枚
「John Avon」氏収録:8枚

 

魂を見つめるエイヴン』『併合
霧衣の突然変異』『爆発的植生
激浪の研究室』『邪悪な岩屋』『(2種)

オンスロート・ブロックは「部族」がテーマ。部族ランドサイクルの中から2枚が収録されています。『激浪の研究室』はこの施設の研究対象であったスリヴァーと激浪の魔術師との戦いという背景ストーリーがあるカードです。こちらのイラストは研究室の外観。研究室のあった島は『霧衣のウミツバメ』といカードに描かれています。戦いの後廃墟となった研究室は『支配されざる横行』というカードで見ることができます。
そして大好きな基本土地も今回描かれています。中でも左下にある『森』は特に好きなイラストです。木々の間から差し込む光がとても印象的で森の中でも好きなカードです。foilだとまた違った印象のイラストに感じられますね(記事の最後に載せてあります)。

 

 

通常エキスパンション以外にも

[世界選手権デッキ 2002]
12枚のカードが収録されています。12枚中10枚が基本土地カードなのがなんだかほっこりしますね。同じイラストのカードが収録されているのですが、選手のサイン部分が異なっています。

 

 

以上、カード紹介でした。

 

土地を描いている印象が強い「John Avon」氏ですが、この時代は土地以外のカードも結構手掛けているんだなという感じがしました。有名なカードから初めて見るカードまで様々あったかと思いますが、中には懐かしいカードもあったのではないでしょうか。こんなカードあったな~…とか
いろいろな感想を持っていただけると嬉しいです。

 

過去のカード紹介記事もありますので、よろしければご覧ください。

定期的に上げているカード紹介記事です。また一つ増えました🌟

 

これからも少しずつ紹介していきますので、よろしければご覧ください。

 

それでは。

 

 

 

特別なカードは特別な日に

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました