「John Avon」カード紹介 【ポータル】【ウェザーライト】【ポータル・セカンドエイジ】 ②

MTG

 

こんにちは。わせりんです。

 

さて、今回は大好きなイラストレーター「John Avon」氏のカード紹介(2回目)をしていきます。

今回紹介するのは

ポータル→World Championship Decks 1997→ウェザーライト→テンペスト→ストロングホールド→エクソダス→ポータル・セカンドエイジ

太字になっている4つのエキスパンションからになります。

 

なお、自分の集めた記録でもあります。今後集める方の参考やこんなカードあるんだ~と思っていただけたら嬉しいです。

 

 

【ポータル】より
【ポータル】
発売日:1997年6月1日
全カード:215枚
「John Avon」氏収録:8枚

 

ハルマゲドン』『雲のドラゴン』『復活の夜明け』『星明かり

 

『森』(4種)

 

 

【ウェザーライト】より
【ウェザーライト】
発売日:1997年6月9日
全カード:167枚
「John Avon」氏収録:3枚

 

『水蓮の谷間』『焦土』『七曲がりの峡谷』

 

 

【ポータル・セカンドエイジ】より
【ポータル・セカンドエイジ】
発売日:1998年6月24日
全カード:165枚
「John Avon」氏収録:3枚

 

』(3種)

 

 

 

通常エキスパンションとは少し違うのですが

[世界選手権デッキ 1997]
「John Avon」氏のイラスト『山』が4種類あるのですが、2種類のデッキで封入されています。それぞれプレイヤーのサイン入りなので2種類ずつ合計8枚収録されています。
金枠のカードなので持っていないんですよね…いずれ集めたいな😌

 

 

 

以上、カード紹介でした。

 

【ポータル】は収録枚数が多いですね。基本土地の美しい森はもちろん、色対策サイクルの『復活の夜明け』『星明かり』はイラストが大好きな2枚。特に『星明かり』は全てのカードの中で1番好きなカードです。
【ウェザーライト】からは土地が3枚。MTGのカードの中で水蓮(睡蓮)が描かれているものに特別感を感じてしまうのはわたしだけでしょうか🙄
【ポータル・セカンドエイジ】からは『島』。この3枚の島とても人気ですよね。それぞれみなさん好みが分かれると思いますが、わたしは気球が描かれているのがお気に入り♪

 

今回も3つのエキスパンションから紹介しました。
今後もちょっとずつ紹介していきたいと思いますので、よろしければお楽しみに♪

過去のカード紹介記事もありますので

よろしければご覧ください。

 

 

読んでいただきありがとうございました。それでは。

 

 

 

 

特に好きなカード✨

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました