「John Avon」カード紹介 ~2000年代に発売されたエキスパンションから~

アーティスト

こんにちは。最近おいしいものばかり食べていて毎日幸せなわせりんです。

 

さて、前回に引き続き大好きなイラストレーター「John Avon」氏のカード紹介をしていきたいと思います。今回は2000年代のエキスパンションからの紹介です。

→ネメシス→スターター2000→プロフェシー→World Championship Decks 2000ビートダウン(ギフトボックス)インベイジョン

「John Avon」氏のカードが収録されているのは、太字になっている3つのセットです。今回はこの3セットから紹介していきます。

 

なお、自分の集めた記録でもあります。今後集める方の参考やこんなカードあるんだーと思っていただけたら嬉しいです。

 

 

【ビートダウン(ギフトボックス)】より
【ビートダウン(ギフトボックス)】
発売日:2000年10月1日
全カード:122枚
「John Avon」氏収録:5枚

 

』『』『』『』(2種)

白枠の英語版のみ収録されている構築済みギフトボックスの第3弾です。
ここでは【ポータル・セカンドエイジ】【ウルザズ・サーガ】【ミラージュ】【第6版】から基本土地が収録されました。
人気の高さが窺えますよね。

 

 

【インベイジョン】より
【インベイジョン】
発売日:2000年10月4日
全カード:350枚
「John Avon」氏収録:7枚

 

抵抗の精神』『もつれ』『隕石の嵐
地熱の割れ目』『平地』『』『

7枚のカードが収録されました。基本土地は有名ですよね。『島』が特にお気に入り♪
けっこう前ですが『もつれ』はなぜか『森』と勘違いしていたカードです。【基本セット第7版】の『森』と似てるような気がするんですよね……わたしだけか🙄

 

 

通常エキスパンションとは違うのですが

[世界選手権デッキ 2000]
【第6版】の『山』と【ウルザズ・デスティニー】の『オパール色の輝き』の2枚が収録されています。
『オパール色の輝き』はエンチャントをクリーチャーにしちゃう強いカード✨
活躍していたんですね~

 

 

 

以上、カード紹介でした。

 

個人的な感想ばかりでしたが、読んでいただきありがとうございました。
昔のカードや特別なセットのカードってなかなか手に入りませんよね。今回の【ビートダウン】セットのカードもTwitterのフォロワーさんの協力もあって集めることができたカードです。本当にありがとうございました😭

 

過去のカード紹介記事もあります。

定期的に上げているカード紹介記事です。

 

また少しずつ紹介していきますので、よろしければご覧ください。

 

それでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました