購入品「Secret Lair×MSCHF」を開封してみました。

MTG

こんにちは。わせりんです。
あたたかくなってきましたね。大好きな桜の花が咲くのが今から楽しみです。

さて、先日注文していたものが届きました。

こちらです✨

 

「Secret Lair×MSCHF」

昨年の11月下旬に注文したセットで、今回も無事に届いてくれてよかったです🍀

MSCHFはアメリカを拠点としているアーティスト。複数のメンバーがそれぞれの役割ごとに動いて活動しており、様々な製品のアート制作をしているようです。

 

早速ですが開封していきたいと思います!

箱を開けてみるとメッセージがあるのは同じですが、前回とフォントが変わっています。

赤かっこいい。特別仕様なのかな♪

赤と黒の色合いがいいですね。

カードはこちら

どん!
デザインが個性的で素敵✨全てfoil仕様のカードです。

 

通常のカードと合わせながら、1枚ずつ紹介していきます🙋‍♀️

『Swords to Plowshares/剣を鍬に』

まずは何度も再録されている有名なカード『剣を鍬に』です。本来のカード名の英語表記は『Swords to Plowsshares』なのですが、ちょっと違う表記になっていますね。『to』→『2(two)』で表しているのがおもしろいです👍

何度も再録されてたくさんのイラストがある『剣を鍬に』ですが、今までのデザインの中で一番シンプルな気がします。

 

『Grim Tutor/不気味な教示者』
骸骨とお墓?をイメージしたカードでしょうか…イラストがかっこよくてこのシリーズの中でも好きなカードです。画像だと伝わりにくですが、すごくギラギラしたカードになっています。写真を撮るときに反射してちょっと大変でした💦

 

『Blood Moon/血染めの月』
『血染めの月』好きとして……このカードの為にこのセットを購入したと言っても過言ではありません!
イラストとフレーバーテキストから”占星術”をモチーフにしたデザインのようです。頑張って全文翻訳してみたのですが、ちょっと難しかった…太陽系の太陽や月、惑星などの動きがわたしたちにも影響を及ぼすみたいな感じでしょうか。うーん難しい。でも難しいことを抜きにしてとってもかっこいいですよね。マナコストのところとかすごく好きです。

 

『Cut+Ribbons/木端+微塵』

天国と地獄?のようなデザイン。フレーバーテキストもそんな雰囲気。(英語できない😭)
『Cut』のイラストと『Ribbons』のイラストが対照的ですが同じ人物ですよね。『Ribbons』で体を貫いている槍のようなものはどこから来たんだろう?

 

『Teferi’s Puzzle Box/テフェリーの細工箱』
MSCHFのアート作品を見たときに似たような箱があったのですが、それは時間に応じて価値が上がる特殊な箱だそうです。なんだか時間に関係のある魔術師であるテフェリーにぴったりだなと思いました。箱の中にはなにが入っているのかな😊

 

ボーナスカード 『Plains/平地』⇒『Battlefield Forge/戦場の鍛冶場』
ゴルフ場の『平地』。平和な雰囲気ですがシールをはがすと……奥で爆発が起こってる!赤と白を生み出すことができる土地に変身します。効果から見ると『戦場の鍛冶場』かな?
シールは簡単にはがすことができましたが、シール面の粘着が強いので注意が必要です。

 

はがした時の動画もあります

Tweet / Twitter

 

 

 

以上、Secret Lair1セットのみでしたが購入品の紹介でした。

『血染めの月』目当てで購入したのですが、開封してみるとどれも素敵で本当に購入してよかったです。また気になるセットが出たら購入してみたいと思います♪

「Secret Lair」の購入を検討されている方がいましたら、購入方法の記事もありますので参考までにご覧ください。

 

 

それでは。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました