MTGの偽造カードについて勉強してみた

MTG

こんにちは、わせりんです。マジックザギャザリング楽しんでますか?

最近あまり外出もできない雰囲気なので、家でせっせとカード整理をしています。(片付けるの苦手…)
今年の目標でデュアルランド全種揃えるぞー!と、意気込んでいますが資金の問題で達成できるかどうか不安です。

目標は達成できなくても目指すことが大事ですよね。

 

 

カード収集を始めてからしばらく経ちますが、最近は偽造カード(フェイクカード)が出回っているという話を聞きます。
以前から有名店舗等で買えば問題ないと思い大手で購入していますが、それでも心配になりますよね。
今は様々な情報が出ているので調べてみると、偽造カードの見分け方って色々あるようです。

1.ライトを当てる
2.重さをはかる
3.顕微鏡で見る
4.カードの厚みをはかる
5.折り曲げる

など、様々です。これまでは【1.ライトを当てる】はよくやっていました。むしろ、古いカードを購入したら必ずスマホのライトを当てています。光を通すかチェックするだけなので簡単な方法だと思います。

 

 

このようにMTGのカードは光を通すことができます。

次に、【2.重さをはかる】という調べ方。先日デジタルはかりを購入してみました。0.01g単位まで測定できるデジタルはかりともなると、そこそこ値段もするのかなと思いきや1000円以下で購入できました。こちらです。

 

 

コンパクトで手のひらサイズ。持ち運びにも便利な大きさで、バックライト機能で数値も見やすい物を選びました。実際に測るとこんな感じ。

 

 

左が通常、右がfoilです。
カードの重さは17.5gくらいが一般的だそうです。多少前後することもあるようですが、大体1.7g~1.8gであれば安心かな。ちなみにfoilは1.9g~2.0gくらい。

そして、次なる方法が【3.顕微鏡で見る】という調べ方。デジタルはかりと同時期にデジタル顕微鏡を購入しました。倍率が1000倍まで見れるものを選びました。
値段は数千円しますが、今後何回も使うことを考えると買ってよかったと思っています。
スマホと連携して使用できるので顕微鏡をあてて、スマホに映像が映し出されるので非常に使いやすいです。
また用途は様々あるのですが、個人的に肌のキメを見るのが楽しいです。笑

 

 

この顕微鏡ではカードを印刷する際にできる点々を見ることできます。
実際に使用してみた様子です。

 

 

このように、点々がはっきりと映っていれば安心できます。この点々が不規則だったりすると怪しいのかな…。

また、カードの横から顕微鏡をあててカードに挟んである青い紙を見ることで偽物かどうかを確認できます。
もし、気になるカードがあった場合はこのように新品のカードの束に確認したいカードを挟んで、顕微鏡をスライドさせていくと違いがわかりやすいです。

 

 

顕微鏡をあてると青い紙が見えますね。

 

 

 

他にも、【4.カードの厚みを見る】方法もあるそうです。ノギスなどの道具を使うそうですが、購入していないためやったことがありません。
カードを【5.折り曲げる】という方法も私には怖くてできません。本物はカードを曲げても戻るそうです。

以上、長々と書いてしましたがお付き合いありがとうございました。
正直、私には偽造を見分ける力はありません。
ですが、道具を使うなどして少しでも見分けられたらいいなと思っています。
もし、偽造カードの見分け方に詳しい方がおりましたら、是非教えてほしいです。
(ちょっとあやしいカードがあります)
これからもMTGをやっていく上で覚えていこうと思います。

それでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました