「John Avon」カード紹介 【ウルザズ・サーガ】【アンソロジー】

MTG

こんにちは。
最近はたまに晴れますが梅雨なので雨が多いですし雷も怖いですよね。防災グッズを準備しておくのって大事だなとつくづく思っているわせりんです。

 

さて、今回は定期的に紹介しています大好きなイラストレーター「John Avon」氏のカード紹介(3回目)です。

前回紹介できなかった1998年代に発売されたエキスパンションの中から紹介をしていきたいと思います。

→アングル―ド→World Championship 1998→ウルザズ・サーガアンソロジー

太字になっている2つのエキスパンションに「John Avon」氏のカードが収録されています。紹介する枚数は少ないのですが、よろしければご覧ください。

なお、感想に個人的な見解も含まれています。内容等に誤りなどがありましたらご指摘いただけると幸いです。

 

 

【ウルザズ・サーガ】より
【ウルザズ・サーガ】
発売日:1998年10月12日
全カード:350枚
「John Avon」氏収録:8枚

 

『沼』(4種)

 

『山』(4種)

『沼』は「ファイレクシア」を『山』は「シヴ」を描いています。ウルザが足を踏み入れたことのある場所を「John Avon」氏が美しく描いています。
この山はお気に入りでデッキで使用しています♪サーガの基本土地は人気ですよね。
その他『平地』はセラの領土、『島』はトレイリア、『森』はアルゴスなんですよ。
なお、このセットからカード名とタイプのフォントが変更されています。太字で丸みを帯びた書体になっていますね。

 

 

【アンソロジー】より
【アンソロジー/Anthologies】
発売日:1998年11月1日
全カード:120枚入り
「John Avon」氏収録:1枚
構築済みギフトボックスシリーズの第1弾となるボックスセットで、60枚の構築済みデッキが2つ入っています。【アルファ】から【ウルザズ・サーガ】までのセットから、最低1枚のカードが収録されているようです。

 

『山』

1枚だけですが【ミラージュ】からの再録。
【ミラージュ】の土地は本当に人気で以前紹介したWorld Championship Decksや今後紹介予定のセットにも収録されています。
【ミラージュ】は熱帯気候のドミナリアで一番大きな大陸であるジャムーラが舞台です。
カードリストを見るとジャングルや砂漠のようなイラストがあったりして特徴がよくわかりますね。

 

 

 

以上簡単ですが、読んでいただきありがとうございました。

 

今後も定期的に紹介していく予定です。
大好きなアーティストさんなのでイラストの綺麗さはもちろん、そのカードの背景ストーリー等も合わせてお伝えしたいと思っています♪

 

過去に紹介した記事もありますので、よろしければご覧ください。

 

 

紹介したカードで皆さんが知っている背景ストーリー等があれば教えていただけると嬉しいです。

 

それでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました